先生との出会い|家庭教師の生徒経験から家庭教師のバイトに挑戦してみました!

先生との出会い

握手をしている男性と女性

私が初めてその先生と出会ったのは高校1年生の夏休みでした。 私は高校受験の疲れて高校1年生の夏休みまであまり勉強しませんでした。
でもなんとか現役で大学に合格したいという気持ちは強くあったので、家庭教師の先生にお願いしました。

同じ学校の友達が家庭教師のバイト求人サイトに登録して家庭教師に来てもらっていたので、私もバイト求人サイトから試しにお願いしました。
今まで学習塾にしか行ったことなかったので、家庭教師はドキドキしました。 来てくれた先生はとても可愛らしい私立文系の3年生で素敵な先生だ!と会ったときに思いました。
家庭教師の先生は生徒と歳が近いです。
家庭教師は現役の大学性がバイトとして求人サイトに登録している場合が多いのです。

生徒側としては年齢が5歳くらいしか離れていないため、話しやすく勉強の質問だけでなく大学生活の話や先生のプライベート、バイトや休みの日にどこに行ったのかとか色んな話をするのが、とっても楽しかったです。 私は私立大学の文学部に行きたい、と漠然と決めていたので、先生も私大文系で身近に自分の目指す人がいるのが、受験直前まで大変心強かったです。

私の家庭教師の先生はとても落ち着いていて、日本史の説明などゆっくり説明してくれるのでスイスイ頭に入って行きました。
また英語では単語の覚え方を教えてくれて、それは今でも私の基盤になっています。